スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, bookmark

Rene' Harrop 4 Plus Signeture Model


昨年、世界限定100台として発売されたレネのシグネチャー・リール、
今期からラインナップに加わる事となった4Plusの発売記念企画で創られた物です。

トラウトモデルに関しての事ですが、通常のハッチ・リールは自重がちょっと…
しかし、シグネチャーリールは斬新に身を削いでいる分だけ軽量で軽快、
この重量だと何も問題なく許されますね。

続きを読む >>

at 19:24, やっくん, Fly Reels

comments(0), -, bookmark

今年も有り難うございました。

今年も皆様には色々とお世話になり有り難うございました。

2010年度も何事もなく無事に終える事が出来てホッとしているところですが、
2日の初売りに備え、店内の大掃除などを1日迄に済まさねば… トホホ。

今日から大掃除に入る予定のはずが、商品の入荷等が相次ぎ、
店内はダンボールや紙くずなどでゴタゴタ、未だに出していない商品があるというのに…

当店一押し?でもある 2011 Nautilus FWX リール、
スカスカ状態だったリールラックにまだかまだかと入荷を待ち望んでいた商品の一つ、
2日の初売りから手にとって頂ける喜びは何とも言えません。

続きを読む >>

at 11:50, やっくん, Fly Reels

comments(4), -, bookmark

Winston Perfect Reels

ウインストンから3台セットで販売されたパーフェクトリール。

                     "1929 - 1999 Commemorative Edition"
                Winston Perfect Reels  2-7/8", 3-1/8", 3-3/8"
- New Reels!

全世界100セット限定モデル、リール本体と木箱にシリアルナンバー入り。

こちらのリールは発売当初、傷が付くと塗装が剥がれてしまい下地が見えてくるという事で
リコールが行われました。
一部の間では 「傷が付いて剥がれた方がいい!」 という声もありましたよね。

馬鹿正直にリコールに出した人がほとんどだったらしいですが…
当然、戻ってきた製品は、安っぽい光沢で透明感があるアルマイト処理したリールでしたね。

昔の名品を知らないユーザーにしてみれば、リコールされたリールの方がピッカピカで
カッコイイと思われたのかも知れません。
古くからのメーカーですが、次世代仕様のアルマイト処理に軍配が上がったのが残念でした。
でも何故、納品後に旧仕様が回収されたのでしょうか…

それでも一時、アルマイト処理されたウインストンリールが単品扱いになり、
好調なセールスを記録した事も覚えてます。

今となれば、この重圧な塗装をまとったウインストン・パーフェクト・リール。

ある意味、リコールに出さなかったのが正解だったかも知れません。

数多く販売された同モデルよりダークトーンで塗装の粒子が粗く、リールの雰囲気自体が
まるで別物の様に感じます。

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

at 02:05, やっくん, Fly Reels

comments(0), -, bookmark

CFO

洗練されてしまったマシンカットデザインのCFO、いつの間にか Made in England から
Made in China になっていました。

昔のオービスを知っている人にとっては、ちょっとショックを受けますが、今のご時世を考える
と仕方ないでしょうね。

今ではありとあらゆるモノが先進国、中国製になってしまっているのが実情で、日本企業もそう
だが、先にアメリカ企業の多くが中国に進出、有名フライメーカーも人件費等のコストダウンを
図り、Made in U.S.A の表示から Made in China 表示に切り替わっている。
これは今始まった訳ではなく、結構前からのこと。

舶来モノに憧れを持つ人間にとって、まだ Made in China は馴染みが浅く感じてしまう。
もちろん、中国製も舶来モノ?になるんですが色々な意味でイメージが……

日本でも有名なユニクロを始めとする多くの企業が、同じコストダウンの手法を武器に急成長
を遂げていることも否定できない。

これからのフライフィッシング・シーン等でも、受け入れていかなくては…
このCFOを見て、痛切にそう感じた次第。

多くのフライフィッシャーのバイブル的なリール、CFOも時代の波に呑まれていたなんて…
まぁ、今のオービスということで受け入れることができます。

斬新なデザインに変わった時、このCFOは受け入れ難いものがありましたが、見慣れたら結構
かっこいいかも…  Made in China といっても、やっぱりCFOだし… 

今となっては、お求めやすい価格でクラシック・デザインのロッドに合う無難なリールですね!




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇イベント情報◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


      「佐藤 成史 - デジカメ写真教室」

6月20日(土)、開催時間はPM12:30〜PM9:00頃まで予定してます。

残りの参加枠も、あと数名になりました… 
デジタルカメラ機能、写真撮影にお悩みの方、必見です!

詳しくは
こちらをご覧ください。

お早目にこちら まで
お申し込み下さい。

Tel: 0138−48−7553
e-mail:
yakuwa@abelia.ocn.ne.jp



at 02:15, やっくん, Fly Reels

comments(0), -, bookmark

Kosmic

 
あまり見かけないかっこいいリール。


エボナイトのプレートとハンドル、ニッケルシルバーで組み上げられた貴重品。


ショートグリップのバンブーロッドに似合うこと間違いなし。

例えば、こんな竹竿。



ロン・キューシーの6ft、ミラーティップ。

色々と疑惑が多い作者の竹竿ですが、このキューシーの竿、いい仕上がりです。


まあ、色々な意見があると思いますが…

目の保養にどうぞ。


PS:今晩から阿寒に走りますので、ブログの更新は日曜日になるかと思います。
   みなさんよろしく〜



at 20:53, やっくん, Fly Reels

comments(0), -, bookmark