スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, bookmark

珍客&巻き巻きウィーク

お盆を過ぎた頃にだけ、店のウインドウにやってくるカマキリ。

ここ1、2年は姿が無くてちょっと心配でしたが、生息が確認出来て一安心。
北海道ではほとんど見る事が出来ないカマキリですからね…

ここ一週間は山にも川にも出掛けず、個人的な釣りも含めて遅い夏休み休養。

釣りに行けば最高な状況なんですが、あまりの暑さで釣りモードがダウン気味、
それだけでなくもうホント、フライボックスのフライもスッカラカン状態でして…

続きを読む >>

at 02:10, やっくん, Flies

comments(2), -, bookmark

アダムス

個人的な信者として、
このアダムス・パラシュートのスタイルは17,8年間、変わっていません。

ウイングのカーフテール、ボディーのマスクラット、テールのムースボディー…

マスクラット・ファーやミンク・ファー等のナチュラル系ダビング材は、
#8〜#12の比較的大きめなサイズのフライを巻く場合など、
ボリュームを付けて巻くのに適しています。

個人的に使用する全フライの70%くらいはフックとスレット以外、
ナチュラル系のマテリアルのフライパターンでフライボックスを占めています。

そうなると、

続きを読む >>

at 01:11, やっくん, Flies

comments(0), -, bookmark

Standard Trout Flies

スタンダード・パターンのクイルゴードン。

景色がモノトーンに切り替わるこれからの季節、見難いクイルゴードンがタンポポの綿毛の
ように見え易くなってくる。

個人的にハッチマッチャーパターンとして考えていませんが、コカゲロウがハッチする時期
にはバリアント的なパイロットフライとして活躍するフライだと思います。

使用するサイズは#14〜#18くらいが主で、スタンダードパターンに限ります。

流れの中はもちろん、フラットでもそれなりに威力を発揮してくれるパターンですので、
これからの季節には無くてはならないフライの一つですね。

"使う / 使わない" に関係なく、お守りフライとしてフライボックスの片隅に必ずあります。
もちろん、数々のドラマを観させてくれたクイルゴードン…
これまでだけではなく、これからも救世主として間違いなく君臨することでしょう。

クイルゴードンの威力は恐るべし…


"Quill Gordon"

Hook:  TMC921 #12 - #16 / TMC100,100BL  #14 - #18
Thread:  Wapsi Ultra Thread 70D  Color: Tan
Tail: Whting Tailing Pack  Color: Dun / Coq de Leon - Light Pardo
Body: Stripped Peacock   Color: Natural
Wing: Natural Lemon Woodduck 
Hackle:  Whiting Cock Neck Hackle  Color: Dun



PS: 本日は定休日になっておりますが、PM6:00まで営業致します。
    尚、明日は定休日とさせて頂きますので、よろしく〜
 

at 05:20, やっくん, Flies

comments(2), -, bookmark

Terrestrial

毎シーズン補充を兼ねて巻くに巻くが、あそこの釣り場だけには強い自信が持てない。
捕食対象物は確信に迫れるものの、フライパターンその物が全く機能しない場面が多々…

それなりの理由も判っているのに、毎年何をやってるのかなぁ〜 と痛切に思う。
厳しい場所だけにワクワクする釣り場ですが、攻略そのものが毎年中途半端に終わってしまう。

普通のフライフィッシャーだと諦めてしまうケースがほとんどかもしれませんが、釣れない釣り場の
楽しさも、また格別なものがあります。
場所によっては、レベル的にワールドクラスの難易度ですからね!

すいません、自分でも一体全体、何を言っているのか訳が分からなくなりました。
連日、深夜まで色々考えてタイイングしているので、思考回路がかなり壊れてますのでご許しを…

とりあえず、何とかこれだけ補充完了、これで勝負になれば気が楽なんですがね…
何となく楽そうに思えるでしょうが、これが落とし穴ですからね〜

画像にはありませんが、昨年ある程度、何とか攻略できたパターンを更に改良して30本用意、
最終的には全てをそれに懸けるしかありません。
とあるお方には、フラットで60オーバーを掛けさせる事が出来たし…

フライパターンも大切ですが、技術レベルもかなり必要になりますからね。
自分はさて置き、北の大地を訪れる皆さま、腕を見せるのには相応しい釣り場ですので覚悟の
ほどをよろしく……

脅かすつもりはありませんが、多少逃げ場もありますのでご安心ください。


at 03:45, やっくん, Flies

comments(3), -, bookmark

Micro Terrestrial

スカスカ状態のフライボックス…  やば!

昨日、北の大地の友人から電話をもらい、今現在の状況が何となく掴めた。
どうやら、今回の台風18号の通過で山の中腹まで雪が積もったらしい…

北の大地を釣行予定の方は、それなりの防寒対策が必要になりそうな気配。

週明けには気温もそこそこ上昇するので、恐らく雪代が流れるでしょうね。
これが来ちゃうと一部のエリアでは、一気にフライサイズが小さくなってしまいますので、
準備をしなくてはいけない。
ツノゼミなんか#20、22サイズだし、ビートル、アントも#20前後になってしまいますから
厳しい状況になるかも知れませんね。

特別に何をイミテートという訳でもなく、サイズを重視したマイクロテレストリアル?バリアント
を沢山巻かなくてはいけないかも…

想像しただけでもあのライズはね〜 果たしてどうなることやら… トホホ。


at 04:14, やっくん, Flies

comments(0), -, bookmark